会社の飲み会に行きたくない

季節は春めいてきた。

重度のスギ花粉症なので、あまり好きな季節ではないのだが、それと同じくらい嫌なことがある。

職場での、異動や入退社の方のためにあちこちで開催されている、歓送迎会だ。

もともと、酒をあまり嗜まない自分だ。

もっと言うと、会社の人との仕事外での交流も、値段の割に美味しくないコース料理も、嗜んでいない。

更には、上司のグラスを常に気にかけることも、二次会でスナックに連れていかれることも、嗜みたいとも思わない。

つまり、会社の飲み会が大嫌いなのだ。

___

「最近の若者が!」と一蹴されたら終わりだが、待ってくれ。

こっちはカネを払っているのだ。

歓送迎会となれば、主役の費用も皆で払うのがうちの会社。異動者が多いと1度に7000円くらい持っていかれる。

それなのに、行ってつまらない、ましてや辛い思いをするのは、お金の有意義な使い方とは、とても思えない。

自分にとって価値の無いものにカネを出す事に、「最近の若者」も「昔のおっさん」もない。

最近の若者、むしろ賢くなっているではないか。

「一緒に酒を飲むことで、距離が深まり、仕事も円滑に進むようになるのじゃよ」

という声が聞こえてきそうだが、むしろ僕は仲が深まることで仕事が増えることの方が多いと思っている。

「飲み会であいつと仲良くなったし、この仕事あいつに頼むか!」ていうことが、あるんですよ。信じられます?

僕は絶対に、盃を交わしたことを理由に、人に仕事を投げつけたりしない。

___

今年度は歓送迎会が2つ。

1万円を軽く超える出費だ。

株で「わぁいダイショー +5000円で売れたよ!」と喜んでいる可愛らしい僕には、あまりにも酷な出費ではないか。

1000円で旨いラーメンかカレーでも食べて、帰りにコンビニでスイーツを買い、残った金を証券口座に入金。

僕にとって、これが有意義な使い方なんだけどなぁ。

___

ということで、今年は適当な理由を付けて、自分と関わりの少ない方の歓送迎会を欠席しよう。2つともは流石に…肝の小さい自分には無理そうだ。

皆さん、本当に自分に必要な事にお金を使えるように、強い心を持って下さい。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする