株をやっていると、物欲が消えていく

株をやる人は、それぞれ何か目標があると思う。

老後の資金であったり、家や車を買うことであったり、

僕はそれが経済的自由を買うこと、つまり早期退職であった。

目的が目的なので、不要な物欲はどんどん消えていく。

車も親のお下がりだし、これがダメになったら新古車でも買おうと思っている。

服も、年に数回、妻が買ってくれるのを貰うだけだ。

時に、ついついケチッてはいけないものまで、ケチりたくなる。

薄くなった靴下を捨てるのを惜しんだり、せっかく外食に来たのに、値段で買うものを決めたり。

そこら辺は、妻が呆れたように嗜めてくれるお陰で、貧乏臭い生活はせずにいられている。

いやまぁ、貧乏は嫌だけど、貧乏臭い生活は別に嫌いではないのだが。

でも、やはり妻のお陰で、時には無理矢理にでも、人生を楽しめている気がする。

感謝しなければ。

消費あっての、経済だからね。

これからも、適度な消費は楽しみながら、

だけど本当に無駄なことからは離れて、

お金に好かれる暮らしをしていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする