ルンバで家事を自動化。金で時を買う。

久しぶりの更新。

突然だが、我が家に、ペットが来た。

かの有名なお掃除ロボット・ルンバの、2番目に良いやつ(Roomba960)である。

ネットでの実売価格は9万円弱。

ちなみに1番良いやつ(Roomba980)は、ネットの実売価格で13万円くらいする現在のハイエンドモデル。

…ではあるが、性能の違いはバッテリーの強化とカーペットブースト機能が付いたくらい。

以下、960と980の簡単な比較と、960の感想。

【バッテリーに関して】

980ではバッテリーの改良によって、駆動時間が75分から120分に伸びたとのこと。

だが実際の掃除は30分ちょっとで終わった。

和室と脱衣場を解放したら、もうちょっとかかるかな?という感じ。

そもそもバッテリーが切れそうになったら、勝手に巣に戻って充電して、また続きからお掃除するので、余り気にする必要なし。

寝ている間とか、留守中とかに使用する前提のものだからね。

【カーペットブースト機能に関して】

カーペットブースト機能は、その名の通り、カーペットの上に来ると勝手に吸引力をアップさせる機能。

うちは、カーペットの面積がそんなに多くないし、そもそもハイエンドモデルにしか付いていない機能は必須機能では無いと判断。

結果からいうと、カーペットのゴミや髪の毛も、普通に取ってくれていた。

感覚的には、「コロコロほどには取れないが、コード付き掃除機と同じくらいは取れてる」といった印象。

(ちなみにうちのコード付き掃除機は、東芝のトルネオ VC-MG910R)

全体を通して、満足度はかなり高い。

___

以前から思っていたことだが、家事に費やす時間が長すぎる。

特に下の3つ。

・掃除機がけ

・洗濯

・皿洗い

ざっと計算してみたら、1日1時間以上、これらの作業に時間を食われている。

それに、人の手でやると、労力以外の無駄も多い。

水、電気、洗剤、等。

今回、ルンバを導入して、掃除機がけの時間はほぼゼロに。(2階へ移動させる、とかの手間はあるけど)

そして、新居には食洗機完備なので皿洗いの時間も大幅に短縮。

この2つだけでも、かなり生活が楽になったと感じている。一度の出費でこの恩恵を継続的に受けられるなら、安いものだ。

そして最後の洗濯。

我が家のは日立の縦型のやつで、乾燥機能は付いているのだが、やはりドラム式に比べたら弱い。

洗濯物の量が多いと、2時間かけてもまだ湿っぽいなぁ、という感じなので、ここはしばらく我慢。

壊れたら、迷わずドラム式に買い換えたい。

むしろ、壊したい。

いや冗談だけど

___

他に家事と言えば、料理や買い物などもある。

料理は好きなので、自動化できても、しようとは思わない。だが、日々の作業で簡略化出来るところはあるだろう。

下処理したものを冷凍保存したり、高機能調理器具を使ったり、割と効率化を進めている。

僕の料理に、フードプロセッサーと圧力鍋は、手放せない存在となっている。

買い物については、生協の宅配も利用しているが、それでもスーパーには行くので、あまり時間の節約にはなっていない。牛乳や米など、重いものだけ注文、みたいな感じになっている。

やはり、商品を目で見て選ぶと言う作業は、なかなか削れないものだ。

___

こうして、時間を短縮することに、少し生きがいみたいなものを感じ始めている。

「カネを出しても時間は買えない」という大昔の格言は、時代遅れな言葉になりつつある。

これからも、時間を生み出し、生活の質を向上させる物やサービスに、投資を出来るように意識したい。

そうして浮いた時間はというと、全て可愛い娘に奪われて行くのであった…。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする