楽天でふるさと納税に初挑戦

今まで、確実に得だと分かっていながら、やってこなかったふるさと納税

やらなかった理由は、何てこと無い。

「面倒だったから。」

マネーリテラシーが高くあるべき投資家として、あるまじき理由だ。

「確定申告?ワンストップ制度?」

「えーいめんどくさい、株でいっぱい稼げば、ふるさと納税なんて必要ねぇ!」

…我ながら支離滅裂な考え・思考停止であった。

そして、株のほうでは昨年末にしっかりと損出しを行って、結局確定申告に行くことになったのである。

→「確定申告に行ったら暗い気持ちになった」

結果、これなら簡単にできそうだと思い直し、今年は絶対にふるさと納税をやろうと決意したのである。

___

もう一つ、ふるさと納税をやろうと思った理由は、「楽天ふるさと納税」の存在。

→楽天ふるさと納税

これが非常に分かり易い。

というか、普段の楽天市場での買い物とほぼ同じ。

「地方自治体」というショップで特産品を買うような感覚。

メリットとしては、

・普通にポイントが貯まる。「○○でポイント△倍!」とかのキャンペーンも適応。

SPUプログラム、楽天スーパーセール、お買い物マラソン等も当然対象なので、そういう時に寄付をすれば、自己負担の2000円ですらあっという間に帳消しにできる。

僕は、楽天カード、楽天モバイル、楽天アプリなど普段から楽天の手先なので、SPUプログラムも地味に効いてくる。

・ポイントを使って寄付もできる。期間限定ポイントも使用可

これはまた嬉しいことをしてくれる。

上記のスーパーセールやお買い物マラソンで貰えるのは期間限定ポイントだけど、それを使ってまたふるさと納税できるではないか。

何これ…永久機関…

こんなのを今までやらずに放置していたとは、僕のバカバカ。

___

というわけで、手始めになんか宮崎で出来たけど宮崎牛ではない肉などが貰える「都農町」に寄付をしてみた。

こ、こんなの本当にタダで貰って良いの?

僕、宮崎県都農町なんて行ったことも無いし、これからも多分あんまり行く機会も無いし、何なら始めて名前知ったけど、良い町だなぁ。心の温かい人がたくさん住んでいる町なんだろうなぁ…。

「自分が応援したい地方自治体に寄付できる」というコンセプトからはかなりかけ離れている気がするが、これがwin-winの関係と言うものなんだろう。

というわけで、すっかり返礼品をネットサーフィンするのに嵌ってしまった。

食品だけでなく、インテリアや雑貨なんかも、見てみるとなかなか面白い。

ケチくさい性格なので、どうしても米とか肉とか、コストパフォーマンスの良いものに目が行ってしまうが…

次は7/20に楽天のポイントが2%アップするから、その日までに良いものを探しておこうっと。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする