家のお金を整理整頓。家計でも投資を。

娘が生まれてからというもの、家計の管理が極めて杜撰になっていた。

本当なら子供が生まれたからこそ、しっかりと将来の事を考え、お金には敏感にならなければいけない。

しかし、妻も僕も忙しさを理由にお金の管理を怠っていたのだ。

給料をおろしたらおろしっぱなし。

カードの明細は見ない。

通帳へ記帳もしない。

家計簿もつけない。

これは、少し反省せねば。

___

と言うわけで、貯蓄や現金、積立て年金等の資産を、1度計上して纏めてみた。

貯蓄→550万円

現金→80万円

積立て年金払込額→60万円

確定拠出型年金評価額→80万円

…合計、800万円弱。

※個人の貯蓄は各自で管理なのでここでは計上せず。

意外と、貯まってたな、という印象。

管理を怠っていたとは言え、普段の買い物は基本的に慎重、あまりお金のかかる趣味もない夫婦なので、結果的に大きな無駄遣いはなかったようだが。

妻が娘を妊娠して以来、2年近く旅行にも行ってなかったし、外食もほぼ無くなったからな…。

反省すべきは、タンス預金が80万円近くあったこと。

家にこれだけの現金を溜め込んでいたのだ。防犯上も、経済上も、誉められた事ではない。

___

さて、近いうちに妻の名義でも証券口座を作って、家計で投資を始めてみよう、という話を妻としている。

今回出てきたタンス預金に、活躍の場を与えるのだ。

夫婦一緒に銘柄を調べ、割安優待銘柄なんかを楽しみながら、ゆっくりお金を増やしていく、という方針の口座。

ただ貯蓄だけして通帳を眺めているよりも、きっと楽しいはずだ。

家族で一緒に投資をする、というのに憧れていたから、妻が投資に興味を持ってくれたのは嬉しい。

もう少し先の話になりそうだが、楽しみにしていよう。

___

ところで。

下げちゃいましたね、システム情報。

昨日、場中に最も優れた買いで調子に乗っていた僕も、今日こうしてさらに下げてしまえば、ただ買いのタイミングを見誤った人だ。

昨日の正解が今日も正解とは限らないようだ。

笑ってくれい…。

ま、言っても仕方ない。尻尾はくれてやろう。

この調子だと、立会外分売は3桁まで落ちてくる可能性も有るかも知れぬ。

そうなればなるべく拾っておきたいところだが、どうなるかな。

続報を待つとしよう。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする