確定拠出年金の報告書が届きました。

企業年金代わりに会社が掛けてくれている確定拠出型年金の、運用報告書が届いた。

ふむふむ。

大体60万円の原資が、85万円程度になっているとのこと。

7年間の運用でこれだから、単純計算では大体年率5%ちょっとで増えている計算だ。もちろん、年でのばらつきはあるが。

なかなか良いんじゃないの。

___

内訳は、国内株5割、海外株3割、元本確保型2割、と言った感じ。

会社の同期には、元本確保型100%の人も何人かいるが、保守的というよりはよく考えずに「減るよりは良いだろ」とか適当に決めている人が多かったように思う。会社が福利厚生としてやってるから、「自分で運用する」という意識はあまり無いのだろう。

自分も当時は半分近くを元本確保型に振り分けていたが、その後ちょくちょく配分変更を繰り返し、現在は割と積極型で運用してもらっている。パフォーマンスが良かったのは結果オーライだが、それよりも自分の資産がどうなっているのかを気にかける姿勢が大切なのだと感じる。

このままあと何年勤めるか分からないが、この意識は絶やさないようにしたい。仕事は出来ない方なので、せめてこういうところで金を増やさなければ。

会社の福利厚生で特に弄ってない人へ。

特に僕みたいに仕事で同期に勝てない人は、ちゃんと報告書を読んで、自分のお金を適切に振り分け、同期に差を付けてやろう!


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする