証券会社にとって、自分はクズ客

一時期、「IPO投資で儲けてやるぞ!」と息巻いて、色んな証券会社に口座を作った。

メインは楽天証券だが、IPOにはイマイチ弱い(幹事はほぼゼロ)。

なので、SBI、大和、SMBC、みずほ、野村…とても管理しきれない数の口座を作ってから、嫌な事実を知った。

多くの証券会社では、IPOの振分けに裁量性を持たせている。要するに上客に優先して株を売るのだ。

口座を開いたが、いつも残高は空っぽ、IPOの時だけ数十万円を入金し、外れたらさっと引き出してしまう。

そんな客のことを、「クズ客」と呼ぶらしい。

何とも、ストレートに酷い呼び方だ。

自分がそう扱われているだろうことを知って、恥ずかしくなった。

口座開設後、顧客動向調査の電話をかけてきたみずほ証券のねーちゃんに、口座開設して頂いた理由は?と聞かれて、

「みずほ証券さんは、IPOの幹事を多くつとめておられるので…云々」とか正直に喋ってしまったが、電話の向こうで

(お前みたいなクズ客には回さねーけどなww)

と心の中で笑われていたに違いない。

あぁ、穴があったら入りたい…

結局、IPOなど当てにして投資をしては行けないのだ。というか、ほぼ思考停止で申し込み、当選したら初値でさっと売り払ってしまうなんて、こんなの投資ではなく、ただの福引き大会じゃないか。

もし、上がると思って買うなら、初値後の押し目を見て買えば良い。

ほぼ当たらないIPOの為に、貴重な原資を分散して、いざというときにすぐに買いたい株が買えない、なんてことになれば、本末転倒だ。

自分にはきちっと調べた銘柄を、じっくり長めに持っているスタイルが、向いている。(というか、兼業なので、それしかできない。)

あまり、楽して稼ごうなどと考えず、自分の投資を貫けるようになりたいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする