メルカリIPOに応募すべきか。

メルカリ(4385)の仮条件が決まって、来週からいよいよBB(ブックビルディング)が始まる。

今さら、ここでメルカリが何なのかなど書くつもりは無いが、今年度最注目のIPOと囁かれている。枚数は多いが、人気も高く、当選はそう簡単ではないだろう。

1年前、IPO投資に興味を持って、複数の証券会社に口座を開いた時期があった。

証券会社にとって、自分はクズ客

だが、僕はしがない弱小中長期投資家。

複数証券会社に資金を入れて、広くBBに応募することは難しい。

持ち株を全部売れば無理ではないが、そんなことをする気はさらさらない。

それに、上の記事で書いているように、IPOの為だけに口座を作ったクズ客に、誰がわざわざ利益を回してくれようか。

*(注) 偏見が入っています。

___

かといって、この今年最大の注目度と言われるメルカリのIPOを、全く無視して過ごすのも、少し味気ない。

僕だって、祭りにはちょっとくらい顔を出したい(´・ω・)

そこで、

・主幹事の大和証券

・持ち株会の解約の時に作った、野村證券。(抽選には資金不要)

この2社だけ参加することにする。

まぁ、絶対当たらないと思うけど。

後の余力は、粛々とシステム情報の買い増しに使いたいと思う。

大和証券で落選したら、そのまま そこでシステム情報を3枚買おう。

普段から利用しておいてあげないと、当たるものも当たらないかもしれないしな。

システム情報は2部昇格も遠くなさそうだし、今のうちに仕込めるだけ仕込んでおかなくては。

メルカリに当選する確率よりは、システム情報がスルスルと上がっていく可能性のほうが、高い気がする。。

___

…いつの間にかシステム情報の記事になってしまっている。

僕にとって、IPOなどその程度のものなのです。

福引大会なんです。

福引きに当選したからといって、投資家としての経験値は、1つも上がらないだろう。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする