Sell in Mayに怯えない

ゴールデンウィーク真っ最中だが、明日は3日ぶりの日本株相場だ。

「Sell in May」などと言われるが、僕は基本的にアノマリーの類は投資判断に使わない。

テクニカルでのデイ、スイングならまだ分かるが、相場に張り付いていられないのに、業績期待で持っている銘柄を「全体的に下げる可能性が高いから一旦手放す」というのは、違うだろう。

それに、「Sell in May」は、元々アメリカの格言であるし、今の日本では意味もちょっと違って捉えられている。(アメリカでは、「5月に高値をつけるから売れ」という意味らしい。)

そもそも、「5月に下げる」という言葉自体、曖昧だ。

上げと下げの回数か、月始と月末の差か、はたまた5月に入った途端に下げる可能性なのか。

検証の仕方によって、5月の勝率は勝ちという人も、負けという人も、五分の人もいる。

こんなもの、気にしていてもしょうがない。

僕は、アノマリーなどに従って下手に持ち株を手放し、もしも逆に動いたときに置いていかれることが怖い。

長期投資家で、休みだからとずっと相場を眺めていられる訳でもない人は、基本的に余計な売買は避けるべきだろう。

___

さて、今日は娘も夜泣きをせずにスッと寝てくれたおかげで、夜中に蛍烏賊の沖漬けを作ったり、ブログを書いたりと、つい夜更かしをしてしまっている。

ゴールデンウィークだからといって、特に遠出する予定も無いが、こういう楽しみ方も良いものだ。娘が大きくなったら、嫌でもディズニーランドに行かなければならないのだろうし。

(いや普通にディズニーランド僕もめっちゃ行きたいけどね。)

今は、これで良いのだ。

皆さん、それぞれに楽しいゴールデンウィークを!


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする