投資は孤独

株式投資をしていることを、大っぴらに言える環境って、多分日本では整っていない。

僕も、会社で株をやっていることは、1人の例外を除き、誰にも言っていない。

「株やってる人間」など、知らない人からすれば、「楽して儲けているダメな奴。損しろ」と思われてもおかしくない、その程度の認識だろう。

株をやっている人にしたって、会社内で堂々とそういう話ができるような雰囲気ではないし、変な噂や詮索を恐れて、結局誰も、誰にも、何も言わないのだ。

___

世間がそんな環境だから、ツイッターを始めとしたSNSでは、「株クラ」と呼ばれる方がたくさんおられるのだろう。

僕にとっての株って、現実世界ではかなりの孤独だ。

妻とは「アルビスの株、上がってるよ」「しゅごい!」とか、そんな程度の会話はするが。

注目している銘柄とか、損した得したの話とか、株関連のニュースの話とか、そう言う話を現実で出来る相手はいない。(妻を、そういう相手してくれるように仕上げたいくらいだ。)

持ち株が大きく値を上げても大っぴらには喜べないし、

大きな損失を出したときでも、そんなこと誰にも言えなかった。

しかし最近はツイッターで関わってくださる方が増えてきて、孤独を感じずに投資を続けられている気がする。

これは結構大切なことなのではないかと思っていて、例えば損をしたときに一人であれこれ原因を考えて悩むことも必要だが、一言ツイートするだけで、なぜか気持ちが少し楽になる。

それに、SNSには同じような方も逆ポジの方も、たくさんいらっしゃるので、それをざっと読むことで、独りよがりにならずにいられる。

また、自分が注目していなかった銘柄について詳しく解説してくれる人もいて、たとえポジトークであっても、貴重な情報源であったりする。(自分は集中投資で、あまり売買頻度は高くないから、その情報を生かせているかは怪しいが。)

SNSには本当に助けられていて、この時代に生まれてきて良かったと思う。

何年も前は、大暴落のときに孤独を抱えて退場していった人も、SNSがあれば違っていたのかなぁ、なんて考えたりも。

___

評論家には「SNSに依存するのは、心の弱い人間だ」などと取り立たされる世の中だが、

その通り、僕は心の弱い人間なのだ。

これからも色んな方と関わりながら、楽しく株をやって行きたいと思っている。

そして、一方通行にならぬよう、僕も少しでも誰かに影響を与えられるような情報を発信できるよう、精進していく所存ですので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

真面目か。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする