株主優待に対する考え方

SNSを見ていると、

「優待クロスでクオカードをゲット!」「今日は優待クロスでもらった食事券で、ステーキです^^」

のような報告がちょくちょく流れてくる。

それを見るたびに楽しそうだなぁと思いつつも、「余剰資金があるならば本命の株に投資するべきではないか」という思いが邪魔をして、今まで優待クロスというものをしたことがなかった。

___

自分の株主優待に対する考え方はこうだ。

1. 株主優待も利回りの一部。「カネ」としての汎用性を持つものならば、アリ。(クオカードや図書カード、普段利用する店舗の金券・割引券など)

2. 従って、「普段利用しない店舗の金券・割引券」や、「優待でなければ、自分では買わないであろう物の現物支給」などは、基本的に対象外。

3. 優待以上の損が出たり、優待の為に保有期間が延びるのは、超くやしい。

こんなところだろうか。

(もちろん、中長期的投資をする上で、オマケ的に付いてくるのなら、どんなモノでもアリだ。)

上記を全てクリアできるならば、ノーリスク・ローコスト・ショートスパンで利益を出せる優待クロスは、やってみる価値はあるのではないだろうか。と、最近は思い直した所だ。

「優待目当てで株を買うなんて、そんなんじゃ大きなカネは掴めないぜw」

などと、ヒネた事を言っていた時期もあるが、許して欲しい。

そもそもいつも立会外分売で、セコイ金稼ぎをしているじゃないか…。

___

ご存知のように(?)、現在僕のポートフォリオはシステム情報に占拠されており、あまり余剰資金が無い。

だが何事も経験だ。まずは4月に、1個でも良いから優待クロスというものにチャレンジしてみよう。

優待クロスに嵌って、メインの投資の方を疎かにしないよう、気をつけなければ…。

(追記)

優待クロスカレンダーの待受け画像作りました。自分用なのでやっつけですが。いちいちネットで調べるのが面倒な方へ。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする