相場で挫折を味わった方へ

ウルフとかなんとかいうおばはん、なかなかえげつないことするよね。今に始まったことじゃないけど。

今回のニチダイ(6467)の相場で大損した人がたくさんいるようだ。

「良い勉強」と言えてる人は、本当に勉強になったんだろうと思う。

しかし中には、「勉強」で割りきることの出来ない額の損害を出した人もいるだろう。

この相場の恩恵を受けた人も沢山いるのだろうけど、果たしてそれは投資かな?投機かな?

ニチダイという会社を見て買った人が、どれだけいたのだろうか。

___

「株は自己責任」

これは紛れもない事実だけど、この言葉を盾に何をしても良いわけではない。

ダダ下がりトレンドの中で、「買いましょう(ニコッ)」は、流石に引いた。

妄信的に信じてしまっている人が沢山いるのを知った上で、この発言は。

いくら投資で成功していようとも、人間として尊敬できないし、この人を「先生」とは呼べんね。

___

今回大損した人で、引退を余儀なくされた人、もう一度お金を貯めて戻って来れば良いよ。

やられて終わって「投資だけは絶対にするなよ…!」と子供や孫に言ってしまうような人になってはいけない。

頑張って復帰したら、今度はきちんと企業を見て、長期投資で優待や配当を楽しみながら、ちょっとずつお金を増やしていけば良いじゃないか。

家族で「よーし今日は優待券使ってステーキだぞー!」とか、「配当もろたから好きなもの買ったるでー!」とか、めちゃ楽しそうじゃん。

___

何事も、楽しみながらするのが、長続きのコツ。

等と、毎日 楽しくもない会社に嫌々行っている僕が、言ってみるのであった。

今週もあと半分、頑張りましょう

(追記)2018.3.29

僕の挫折体験の記事も載せておきます。

→ガンホーの株にやられて、相場から遠ざかっていた話

程度の差はあれ、多くの人が通る道であること、ここで捨て台詞を吐いて退場する事が本当の負けであることを、知っておいて欲しい。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする