週末ギリギリで救われた感

投資家って、兼業であっても、平日が楽しみだったりするので、

「仕事やだなぁ」という気持ちから多少は逃れられるという点、僕は投資のメリットだと思っている。

土日が終わるときの絶望感が、和らぐのだ。

逆に、酷い成績で金曜の相場を終えたとき、

その週の土日はちょっと悶々としながら暮らすことになる。

長期投資家を謳っていても、まだまだ目先の総資産を気にしないでいられる程、投資家としての人間が出来ていないからだ。

この1週間の保有銘柄の動きは、どうにも冴えないものだった。

上げに置いていかれ、下げに追従する、どうしようもない動き。

流石に木曜日には、ぐにゃあ ってなってたよ…。

しかし一変、本日の場中は、

日経は後場で地に落ち、ジャスダックは終始下げるなか、保有銘柄3つは、どれもプラス引けとなってくれた。

中でも僕の主力のシステム情報と朝日ラバーは5%を超える大活躍を演じてくれた。

無論、だからと言って売ってしまう気はないし、たった1日の上げなどこれからどうなるかは分からんが、

少なくとも僕のような長期投資家になりきれていない長期投資家は、この結果を見ると、土日を穏やかに過ごすことが出来るのだ。

良かった良かった…。

願わくば、今日の上げには意味があって欲しいものだが。どうなるのだろうか。

皆様も、楽しい土日を過ごせますよう。

さー、明日は寝坊するぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする