気にしつつも買わなかった銘柄が高騰する

ツイッターでとある方がタイトルのように呟かれていた。「気になったら打診買いをすべきのかな」とも。

「スクリーニングして、監視していたが、結局買わなかった銘柄」

が、僕のブックマークにもゴロゴロしていて、確かにそいつらが大幅高、時にはストップ高を演じることもあり、たくさん悔しい思いをしている。

だけど、それは自分のスクリーニングが正しかった、と言うことでもあるのではないか。

打診買いを増やして、多数の銘柄を少数ずつ買うのは、言わずもがな、株の基本と言われる分散投資だ。

だが、結局それは損益の平均化であって、大きく化ける銘柄を抽出しながらも、大きく勝つことは出来ない手法だ。中小株、新興株をメインでやっている自分には、合っていないかもしれない。

自分は基本的に、2~3銘柄に資金を集中させて、大きく化けるのを根気よく待つ、というスタイルを続ける。

打診買い、ポートフォリオが賑やかになって楽しそうだけどね。

ある程度、資金が増えてきたらやってみたいけど。今は管理出来なくなるリスクも鑑み、まだしばらくは我慢しておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする