服のセンスに自信の無い人は、一人で迷走せずに、人に選んで貰うべき

大学生の頃は、モテようと必死だったので、服には無駄にお金をかけていた。

しかし、自分のセンスが悪いこともあり、かなり迷走した、似合わぬ格好をしていたこともあった。

雑誌や、テレビで俳優や芸能人のコーディネートを見て、似たような服を買っていたのだ。

ある時、ジャニーズの人がGジャンをカッコ良く着こなすのを見た。同じものはきっと高くて買えないので、量販店や○ャスコでそれに近いものを揃えて着てみた。

当然モノの質も良くないし、そもそも自分に合ったものを分かっていないため、出来栄えは滑稽なモノになった。

大学で着る前に、友達と遊ぶときに着てみて、反応がお察しだったので、その一度着るだけで済んだから良かったものの、そういう無駄遣いをたくさんしてきた。

時は流れて、今は服を全く買わなくなった。

結婚して、モテる必要もなくなった。

仕事ではTシャツの上に作業着を羽織るだけ。

ズボンはジーンズでOK。通勤も車だから、人の目など気にも留めない。

全く服装に無頓着な人間が出来た。

この状況を変えようとしてくるのは妻だけだ。

誕生日やボーナスの時など、年に数回、デパートの高い服を買ってくれる。選ぶのも妻が全部やるので、自分は着せ替え人形になるだけだ。

そして、妻の目は確かなようで、その服を着て出掛けると、色んな人からお洒落だと誉められたりする。

素材や作りも良いのだろう。全然傷まず、ずいぶん長いこと着ている。

上手なお金の使い方とは、こういうことなのだろうか。

服のセンスが悪く迷走と浪費を繰り返している大学生の方々には、まずセンスの良い彼女を作ることをお勧めする。

なんて書くと、服のセンスが悪いから、彼女できねーんだよ!と怒鳴られそうだが。

_____

無理やり投資に結び付けるみたいだが、

株も同じことのように思う。

自分でよく分からないものを闇雲に買うのではなく、

自分に合った銘柄を厳選して買い、長く付き合う。

これが、相場でお金にモテる秘訣なのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする