娘ちゃん1才のバースデーフォト

娘の1才のバースデーフォトを撮ってきた。

撮ってくれたのは、キタムラとかアリスとか、そういう大手ではなく、地元で個人でやっている写真屋さんだ。

大手は値段が高いというのもあるのだが、何より、写真データをこれでもかと出し渋ってくるのが頂けない。

5万円以上のコースでなければダメ、だとか、撮ってから1年はダメ、だとか。

しかも、印刷を注文した写真しかくれない。

あと、ハーフバースデーだとか、2分の1成人式とか、余計な新しいブームを作ろうとしているところとかも、あまり良い印象がない。

僕が捻くれているだけだろうか?

ということで、今回利用させてもらったのは、妻の児童館ママ友が教えてくれた写真屋さんだ。

3万円で何枚でも撮影してくれて、撮った写真は全てディスクで貰えて、さらにベストショットのスライドショーの動画まで作ってくれる。大手と同じく、アルバムは別だが。

金額的には大手よりちょい安いくらいだが、サービスはこちらの方が圧倒的だった。

値段はこれ以上 下げなくてもいいから、これからも大手に負けないサービスで頑張ってくれ、個人事業主!

___

ところで、撮影の際に子供の笑顔を引き出すのは、親の役割だ。カメラマンさんやアシスタントの方もおもちゃなどを使って頑張ってくれるが、限界がある。

我が家では、娘の笑いのツボは、父親である僕が押さえている。

なので、人前でちょっと恥ずかしいのを堪えて、鉄板の気持ち悪い動きの数々を繰り出した。

せっかく高いカネを払ったのだから、という僕の性格が、珍しく功を奏して、無事に可愛らしい写真が出来上がった。ただ、「笑顔」というよりは、「大爆笑」になってしまったような気がするが。可愛いからいいか。

引き換えに僕の体は、疲れと痛みでぼろぼろだ。さっさと寝て、仕事に備えなくては。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする